FC2ブログ

赤坂あべちゃん

麻布十番が有名な「あべちゃん」の赤坂店。
DSCF6408.jpg
ここの煮込みは絶品!

まわりはおじさんだらけ。
ワイワイ飲んで愚痴って・・・そんな店内の様子も意外と居心地がよかったりするの。
会社帰りに誘われて オヤジ飲み。これもまた楽し~

赤坂あべちゃん
港区赤坂2-10-18
電話:03-3583-5978


スポンサーサイト



一の宮カントリー倶楽部WEST

秋晴れのこの日
両親と兄貴と4人でメンバーコースの一の宮カントリー倶楽部へ

頚椎からくる手のシビレが怖くて練習もレッスンもお休み中。
ここ1ヶ月クラブを握ってないままに来てしまった・・・
家族
前回は89で回れたこのコースも本日は100とちょっと。
でもいいの。今日はカリカリせず、の~んびり穏やかにファミリーゴルフですもの。


上海蟹@新世界菜館

上海蟹の季節がやってきました~
メス蟹・オス蟹ともに美味しく頂けるのは、この時期。
今年も 上海蟹を自社輸入している「新世界菜館」に行ってきました。

卵のメスか・・・味噌のオスか・・・ どちらを取るか悩むところ。
活雌上海蟹の老酒漬け
DSCF6343.jpg
活きたまま老酒に漬け込むんですって。
身も卵も甘いです。よーく老酒に漬かっていて、これで酔っ払いそう。

活雄上海蟹の姿蒸し
オス
オレンジ色の味噌も美味しいし 白色の味噌がネットリとしてまたサイコ~

ちょっと面白いメニューにもトライ。
広島大黒神島沖産生かきの香り揚げ 唐辛子炒め火焔籠盛り
唐辛子
カゴ一面たっぷりの赤唐辛子
中を探ると プリップリッの牡蠣やタケノコ、アスパラが入っています。
ほんのり辛くて美味しい。
「赤唐辛子も美味しいよ」・・・と、騙されて火噴きそうに・・・
今日は家族で上海蟹。
来月早々また友達と来ちゃいま~す。

新世界菜館
千代田区神田神保町2-2 新世界ビル
電話:03-3261-4957
http://www.sinsekai.com/index.htm


三宿「コム・ダビチュード」

中目黒から三宿へ移転した「コム・ダビチュード」でBっちのお誕生会

以前のお店よりこじんまり可愛らしい印象
コム2
                           座る席によって違うプレートも素敵~

前菜1品・主菜1品・チーズ・デザートのコースで
・サーモンクリーム
・フィワグラのポワレと栗のポタージュ、キャベツのグラタンと一緒に
コム
・仔鴨胸肉のローストとイチジクの赤ワインソース
 デザートは栗のスフレとバニラアイス
 チーズはこの中から3種選べます。これも楽しみのひとつなんです

シャンパーニュで乾杯のあとは・・・
コムワイン
・Pinot Blanc Reserve Bergheim'03  Domaine Sylvie Spielmann
 ピノ・ブラン・レゼルブ・ベルクハイム'01 シルヴィー・スピールマン
・Macon-Lugny '01 Regnard マコン リュニー '01レニャール
・Bourgogne '01 Regnard ブルゴーニュ'01 レニャール
・Madiran Vielles Vignes '04 Domaine Capmartin 
 マディラン ヴィエイユ・ヴィーニュ'04 ドメーヌ カップマルタン
なんとなく みんなで集まるの久しぶり 楽しかったね~

COMME D'HABITUDE コム・ダビチュード
世田谷区池尻2-7-4 ナオミアパート1階
電話:03-3487-7686
http://www.jalouse.jp/cdh/modules/tinyd0/


モンテビアンコでご飯

今日は友達を誘ってカウンターで。
秋らしくキノコやさんまを使ったメニューをいろいろ。

・エリンギのソテー 生ハムとカチョカバッロのせ
・ポルチーニのタリアテッレ
10.24モンテ
それにワインのお供にサラミ、カポナータやトリッパを

10.24ワイン
ワインはBARBARESCO
 ゆっくりまったり 秋の夜はこんな過ごし方いいね~。

たまプラーザ お好み焼き「子ぐま」

ひさしぶりの「子ぐま」
ちょっと来ないうちに改装して綺麗になってる。
しばらく行かないと ここの 焼きそば↓ が恋しくなるの。
DSCF6300.jpg
他にはない 太めでモッチリした歯ごたえのちゃんぽん麺がいいんです~
豚肉や海老、イカ、ホタテなどたっぷりの具にちょっと甘めのソース味。
そして 上にのった生たまごを混ぜないで 麺にからめつつ頂くのが正しい食べ方

前からメニューにあったのかな?
↓塩焼きそば もレモンをキュッと絞って さっぱり美味しい
こぐま
もうひとつ 外せないメニュー       ↑男爵焼き
マッシュした男爵&コーンを鉄板の上で熱々の状態で
高速に乗ってまでも食べに行きたい!お店です。
お好み焼きも ふんわりしてて美味しいですよ。

お好み焼き 子ぐま
横浜市青葉区美しが丘2-17-1
電話:045-904-1118



ブリジストンオープン観戦

千葉県袖ヶ浦カンツリークラブで開催のブリジストンオープン
決勝初日の土曜日 観戦に行ってきました。

宮本Pは調子悪くて 苦しそう。ついて回る私も見ていてツラかった
BSオープン
アテストが終わったら そのまま練習場へ直行。
「何が悪いのか わからない」
毎日、クラブを握っているプロでも そんなことがあるんですね。
ほんの少しの ‘なにか’なんでしょうけれど・・・・・ 

先週の日本オープンで2位だった片山晋呉 今週も気合いが感じられます。
独特の練習風景に興味しんしん。
まず、左打ちでの軽い練習後に・・・
BSオープン
クラブの軌道を確認する練習法なのかな。
私がやったら いろんなものにあたって怪我しそう・・・

パター練習も ペットボトル2本置いて
BSオープン2

男子トーナメントも 熱いです
遼くんだけじゃなくて プロの戦いこそ見応えありなのにねっ。

代々木「煮込みや なりた」

「皆さん ワインはお飲みになれますか?」
予約のTelに対応してくれた なりたさんはこうおっしゃいました。
もちろんでございま~す
このお店に行くのにぴったりなメンバー3人で。
そう こちらは飲めない人はお断りのビストロなんです。

まずは クレマン・ド・アルザスの泡から
メニューはアラカルトのみで どれも美味しそう
なりた
・キャベツクミン風味
・エスカルゴ
・砂肝のサラダ
クミン風味のキャベツはなんだかクセになりそうなお味。
是非 うちでも作ってみたいな。 いくらでもキャベツが食べられちゃいそー。
砂肝のサラダもボリューム満点 そして美味し~い

圧巻なのは ↓こちらの ラムのハンバーグ
DSCF6249.jpg
カウンター越しに作り方を見ていると・・・
ラム肉を ほんの少しだけフードプロセッサーにかけただけ
ほとんど挽いてないくらいの状態を大きな大きなかたまりにして。
切ってみると・・・
DSCF6250.jpg
ほとんどレアー そして塩こしょうのシンプルな味わい
ひと瓶ごと出されるマイユのマスタードをたっぷり塗っていただっきます
お肉に全く臭みがなくて 本当に美味しいんです。
素材がいいから こんな調理法が活きるんですね。

ついつい ワインがススんでしまいます・・・
なりたワイン
・CREMANT'D ALSACE RIEFLE クレマン・ド・アルザス リーフレ
・St.Joseph 420 Nuits '04 Alain Paret
 サン・ジョセフ 420ニュイ'04 アラン・パレ
 有機栽培のシラー100% バランスのよいエレガントな味わい
 造り手のアラン・パレさんが来店した時のサインが壁にありました!
・CHATEAU TOURNEFEUILLE'04  シャトー・トゥールヌフィーユ
 ラランド・ポムロールの赤 デキャンタージュしてくれます。
 まろやかな味わいでラムとの相性もばっちり。 

ビストロとは思えないの看板
なりた2
シェフのなりたさんはカウンター越しに会話にさりげなく入ってきたりして・・・
こんな感じが ‘なりたりあん’と言われる人々の心をつかんでるんだろうなぁ~

ワインが大好きで しっかりお食事したい人にオススメのお店です
煮込みや なりた
渋谷区千駄ヶ谷5-20-19
電話:03-3355-2538
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13017356/


ラッピングコーディネイター講座2

レッスン2回目は
「ピーローBOX」のラッピング&ポケット付ラッピング。
ハロウィンが近いので ラッピングペーパーもハロウィンバージョン
三角形の透明パック+リボンカーリングも簡単で可愛い。
ラッピング2

張り切って カッターをおNEWにしたら刃がシャープすぎて
かえってラッピングペーパーが綺麗にカットできなくなっちゃった
ラッピングは「きっちりと そして 時には大胆に」仕上げるのがコツなのかな。


オイスター三陸産vs北海道産

Rのつく時期ですもの そろそろオイスター行っちゃう
    ・・・と いつものオイスターバーへ。 本日の生牡蠣はこの4種。

DSCF6218.jpg
左上より三陸・雄勝 三陸・大沢 北海道・厚岸 北海道・昆布森
味わい的にこの順番で。
いつも美味しい牡蠣を提供してくれるお店だけれど 今回の牡蠣は一段と美味~
特に昆布森 ふっくらクリーミーでヤバ~~~イ

オイスターバーだけど 牡蠣以外にも美味しい食材が
DSCF6221.jpg
イカがまたまた美味しいの。
姿焼きで堪能です。ホイル焼きした肝も格別
「日本酒飲む」ってすすめられたら迷わず「うん」って言っちゃうでしょ。
オーナーが新潟に行ったとき買ってきたという2種を頂きました。
シーズン日本酒
      純米酒 越後平野     純米吟醸 郷越後(さとえちご)

オイスタバーで日本酒もいいなぁ~。
そうそう今回初めて頂いたオイスターガーリックパスタも美味しかったです。
オイスター食べられない人がいるなんて お気の毒だわ~


アロハ検定!の結果報告

届きました アロハ検定2級の合格通知書

アロハ検定

ちなみに
第1回アロハ検定の【受験者数】【平均点】【合格率】はこんな感じみたいです。

【受験者数】
1,034名
(2級:435名、3級:599名)

【平均点】
2級:67.4点
3級:82.4点

【合格率】
2級:49%
3級:85%

ふ~ん。じゃあアロハ検定2級を持ってる人は
まだ世の中に200人ちょっとしかいないってことね。ヘヘ
「これに受かると なんかいいことあるの」ってよく聞かれます。
う~ん。今のところ「マンダラスパ・ハワイが15%割引」くらいでしょうか。
それにしても アロハ検定なんだから
もっと ALOHA~なデザインの合格証がよかったなぁ~~
だって
「俺のYAMADA電機のポイントカードにそっくり」って言われちゃったよー


モンテビアンコでご飯

ほんの少し 秋らしい気配。
そろそろ赤ワインが恋しい季節ですよね。
でもまだ重~い赤というよりも エレガントな赤がいいな♪

シェフのオススメワイン
10.10モンテ3
Aglianico del Vulture'98 アリアニコ・デル・ヴェルトゥーレ'98
バジリカータ州のワイン
ベリー系やハーブの香り、芳醇すぎず ホントにエレガント

10.10モンテ
ブリアンゼッタとルッコラの前菜
イタリアの生ハムブリアンゼッタは若干脂が多いけれど
その脂身が甘くて美味しいんです。

10.10モンテ2
イカ墨を練りこんだタリオリーニ 魚介のラグーソース
タリオリーニはもちろん自家製。
ラグーっていうとお肉系のイメージだけどトマトベースの魚介ソースと
イカ墨のパスタの相性が抜群。美味し~い

ワイン残ったらお持ち帰りしようと思ったけれど 美味しくて残らなかった・・・・・

ソウルお散歩

ソウルに来たら 定番のコース
「明洞」でコスメ 「光煕市場」で革のお買い物。
そして「永東汗蒸幕」でアカスリ
↑こちらの汗蒸幕は今月いっぱいで閉店。
 女社長さんはハワイへ移住&開業計画ですって。ハワイでの再会が楽しみ

今回は短い滞在の中 初「NANTA」観賞
ナンタ
厨房を舞台に鍋やフライパン、バケツ、包丁で乱打のパフォーマンス
これだけロングランにはわけがある。
エネルギッシュな舞台は笑いあり、見せ場ありで面白い

ナンタ劇場を出たあとは市庁~鍾路をプラプラとお散歩
散歩
夜の清渓川(チョンゲチョン)はライトアップされて綺麗。
川沿いに座って語り合ったり、散策したり みんな思い思いに過ごしてるんですね。
散歩2
         普信閣                サムソン鐘路タワー

2日目の昼間は仁寺洞をお散歩
伝統工芸品のお店や画廊があり、繁華街とは全然違った雰囲気の街です。
韓紙
韓紙屋さん 古臭い感じがなんだかうちの実家みたい(笑

仁寺洞スタバ
仁寺洞のスタバにはハングルの看板が

行列のできてるホットクの屋台
仁寺洞ホットク
中からアツアツの蜂蜜&シナモンが出てきて 美味し~い
・・・けれど
ぎゃあ~~~ 蜜が手に垂れてあぢい~~~と大騒ぎ。
皆さん アツアツのホットクは気をつけて食べましょうね。

帰りにツアーで立寄った「SEVEN LUCK CASINO」 
カジノ
ヒルトンホテルに隣接してます。
オールインの世界を想像してたので ちょっとショボくてがっかり・・・
イ・ビョンホンらしき人はいそうもないなぁ~

バイバ~イ ソウル また遊びにくるね~。



ソウル ピマッコル通り

仁寺洞(インサドン)の入口から
鍾路1街(チョンノイルガ)まで伸びている狭い路地「ピマッコル」
大衆的な居酒屋が立ち並ぶエリアです。
ここでマッコリを飲むの 楽しみにしてたの~

逆さ向きのやかんが目印
ソウルでブームになりつつあるマッコリのチェーン店
「ファロプルッソ・チョンソンオルムコルマッコリ」
ピマッコル
オルムマッコリって「氷の濁り酒」なんですって。
メニューは全てハングルなので、指差し注文。
半凍結のマッコリがやかんに入って出てきます。
注文したのは 500mlのはずなんだけど やかんにたっぷりの量。
マッコリ
突き出しのワカメスープが激ウマ海鮮チヂミもまぁまぁ。
それにしても この冷たーーーいマッコリが美味しすぎるぅ~~~
庶民の味方?
やかんいっぱいのマッコリが3,000W(約390円)
「ファロプルッソ・チョンソンオルムコルマッコリ」
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=741

仁寺洞をお散歩した後 帰路に着く前に再びピマッコルへ
ピマッコル3
酔っ払いおじさん達の絵が描いてある路地の看板

またまたメニューはハングルのみ
お隣の席の女の子(日本語少々)に助けられてオーダー
ピマッコル4
これはトンドンジュというお酒 味はマッコリに似てます。
ブタキムチ炒め&豆腐(料理名わからず)の辛さと
トンドンジュの爽やかな甘みと酸味がvery good
LOVEマッコリ


ソウルご飯 その3~コッチャン

日本・・・とりわけ東京って
美味しい焼肉屋さんがたくさんあるのであえて
韓国で普通に焼肉を食べなくてもいいかなぁ~
(高いお金を払えば美味しいのは一緒)
なので、今回は「コッチャン」を食べるお店に行ってみました。
「コッチャン」とは脂気の多い腸のこと。つまりはホルモンですね。

財界や経済界の方も通うという「良味屋」の乙支路本店
(前大統領が訪れたときの写真が飾ってありました)
モツ焼き
ミノとテッチャンの2種類を注文。
出てきたときは「大きくてグロい」感じだったけれど 焼いている途中で
おばちゃんがハサミでジョキジョキ切ってくれます。
臭みが全然なくて 柔らかくて美味しいです。
ミノ1人前だけサクっと食べてお店を出たかったのに、それは×
お腹の空いてない2人にこの量はちょっとツラカッタね

良味屋 (ヤンミオッ)
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=530


ソウルご飯 その2~カンジャンケジャン

「これを食べる為だけにソウルに来てもいい」って本気で思います。

それほど私が夢中になってしまうものは・・・カンジャンケジャン
新鮮な生の渡り蟹を醤油ベースのタレに漬け込んだ「カニの醤油漬け」
新沙洞のあたりはもともと「アグチム」(アンコウ蒸し)が有名だったけれど
最近はカンジャンケジャンの人気がすごくて
「アグチム&カンジャンケジャン通り」っていうらしいです。
その中で有名なお店 「プロカンジャンケジャン」

カンジャンケジャン
これで、サイズは小50,000W(約6500円)
食べ応えある大きさの蟹が2匹分。今日は思う存分、1人1匹食べちゃお~ね

手でつかんで そのままかぶりつくように味わいます。
カンジャンケジャン2
蟹の身がアマ~イ 蟹味噌が濃厚
醤油タレと合って絶妙 「うぅーーーん チャンピヨォォ~ン」 (by石ちゃん風)

さらに、さらに・・・・・・・
カンジャンケジャン3
カンジャンケジャンは 通称「ごはん泥棒」
甲羅にご飯を入れて、身やお味噌をかき出すように混ぜて いっただっきま~す。

は~~~ 参りました。やられました。
プロカンジャンケジャン
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=473


ソウルご飯 その1~タッハンマリ

仁川空港に朝7:40到着したものの、ホテルに辿り着いたのは11時過ぎ。
(ちなみにホテルはブラウン観光ホテル ←ボロい・・・
もうお腹ペコペコ~

ソウル最初のご飯は 
東大門のタッハンマリ通りにある「チンウォンジョポシンタッ」で 
タッハンマリ2
タッハンマリとは・・・ 「タッ」=鶏 「ハンマリ」=一羽
席につくと何も言わないでも、
鶏まるごと一羽入った金ダライみたいなお鍋が出てきます。
そこに にんにくのみじん切りも投入。
今日はお店が空いていたせいかな
おばちゃんがはさみでジョキジョキ解体してくれました。(自分でやると 意外と難しい)
酢・醤油・辛子で好みの味の付けタレを作り、
タデギと言われる調味料(コチジャン&にんにく入りの真っ赤な薬味)を入れたりして
いっただっきま~す
お肉はしっとり、プリっと、トゥルっと 美味しーーーーのぉぉぉ
一緒に入ってる ジャガイモも溶けちゃう一歩手前がいい感じ。
キムチも一緒にお鍋に入れるみたいだけど
このお店は好きに食べるさせてくれるから 鶏から出た極上スープも楽しめます。
何度か行ってるお店 
「チンハルメウォンジョタッポンクァン」
との違いはキムチの味くらいかしら
(キムチは酸っぱすぎるので、チンハルメ・・・の方が勝ち)
仕上げには ククスといわれるうどん。
韓国グルメとしては 知名度はあまりないけれど
鶏を食べるなら 私はサムゲタンより断然オススメ
ビールも飲んでひとり11,000W(約1,430円)
コラーゲンたっぷり美肌効果があるうえに 安くて美味しくて エライっ

東大門タッハンマリ通り
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=937


激安ソウルツアー 

10月の3連休 ソウル3日間のツアーが なんと 29800
(byてるみくらぶ)
これはもう行くっきゃないでしょう
・・・ということで 仲良しのBちゃんを誘って
題して 「女ふたり 飲んだくれソウルの旅」に行ってきました~
土曜の早朝5:30羽田発→月曜の早朝4:00羽田着というフライト。
さてさて 私達はいったいどれだけ遊べるでしょうか・・・・・

      アシアナ
     アシアナ航空のチャーター便 出発は早朝5:30で朝焼けが綺麗

激安ツアーには もちろん理由ががあります。
ツアーに組みこまれているお土産物屋さん等の
バックマージンで成り立ってるんですものね。
帰りに免税店・キムチ屋に寄るくらいは我慢しないと。
・・・が、恐るべし てるみくらぶ。
帰国便は夜中の1:40発というのに、ホテル集合は夕方の6時ですって
じゃあ、限られた時間 めいっぱい楽しまないとっ


ラッピングコーディネイター講座

何気でお稽古事フリークの私。
前からやりたいと思っていた ラッピングのお勉強をすることに。
なんといっても 和紙屋の娘ですからね・・・
3ヶ月でラッピングコーディネーター資格を目指すクラスに通い始めました。
DSCF6206.jpg
第1回目のカリキュラムは<ラッピングのポイント、合わせ包み>
柄に合わせて無駄なく使うラッピングペーパーのカット方法や
長方形のBOXを包む練習をしました。
何種類かある紙やリボンから色合わせをしていくのも面白い
そのうち カラーのお勉強もしようかな・・・