FC2ブログ

藤代ゴルフ倶楽部で忘年ゴルフ

ピンポ~ン   ・・・ん家のチャイム 
・・・・・・・はっっ ぎゃあぁぁ~~~~~寝坊しちゃったぁぁぁ

こんな感じで始まった今年の打ち納め。
大掃除や年賀状作成やなんかで、BEDに入ったのは2時半過ぎ。
5時過ぎにかけた目覚ましを抱え込んで寝てました。
すみましぇ~ん。携帯にも着レキがいっぱいだぁ・・・
ここ数年恒例の忘年ゴルフ。茨城にある藤代ゴルフ倶楽部です。
http://www.fujishiro-gc.jp/
20070104183528.jpg
クラブハウスはシンプルでなんだか市役所みたい。
20070104183638.jpg
17番Hわきには、民家や国道。河川敷じゃないのにね。
20070104183730.jpg
7番はTバック状?の池。カートは池の間の道を通っていきます。
20070104183818.jpg
そして、写真でわかるかしら
9番と18番のグリーンはつながってるんですぅ。

会員権もそこそこする、いいコースらしいけれどなんだか不思議なコース。
私、ゴージャスなクラブハウスじゃないと 気分が乗らないのよね(なーんて)
寝坊して寝ぼけたままラウンドしてるうちは、まあまあのスコアだったけど
目が覚めだしたらダメダメだー 今年最後のラウンドなのに、54/56の110回。
来年はもうちょっと気合いを入れ直そーっと

それでは皆様 よいお年を~

スポンサーサイト



お取り寄せした物

出来ることなら 年末年始は海外逃亡した~~~い
だって、家にいるとなんだかバタバタ忙しくってノンビリできない。
(自分から忙しくしてる・・・って話も)
でも、今年は大切な家族達と浅草でどっぷり日本のお正月を迎える予定。
その準備でいろいろとお取り寄せしました。
トスカニーワインハウス
http://www.rakuten.ne.jp/gold/toscana/home/windex.html
DSCF3668.jpg
今回はサーモン・鴨・生ハム・ホタテなどなど
私のイチオシは「天使の海老」
ニューカレドニア産でブルーがかった綺麗な色をしています。
海老特有のいやな匂いが全然しないの。頭にミソがたっぷり詰まっていて、
これでお料理すると何をしても本当に美味しいです。
イタリア産からすみのボッタルガもオススメ

パラカフェ仲間のHちゃんに頼んで新鮮で安全なお野菜を送ってもらいました。
(おうちは練馬でお野菜を作ってるんです)
DSCF3671.jpg
愛情こもったメッセージ付き~
京芋や聖護院大根、小松菜やほうれん草もサラダに使うお野菜や・・・たっぷりと。
新鮮なだけじゃなく野菜の味が濃くて、感動します

年越しそばも信州からお取り寄せ。
雪村そば http://www.yukimura-soba.com/
DSCF3687.jpg
100%国産そば粉、石臼びき、手打ちの八割そばは喉越しよく美味しいです。
生そばとそばつゆがセットになってます。

とりあえず、素材だけは完璧

博多鉄なべ餃子なかよし

今日はすんごい土砂降り
丸の内線南阿佐ヶ谷駅からの中を歩き、
辿り着いたお店は博多鉄なべ餃子の「なかよし」
(ご主人の中島よしおさんの名前から取って「なかよし」なんですよね)
すぐに餃子何人前?と注文を取りにきます。これで3人前。じゃ~ん20061228181813.jpg
たっぷりの柚子こしょうでいっただきま~す
ここの餃子にはキクラゲが入ってるのが特徴。
熱々かりかり小ぶりの餃子は美味しいです。

なかおちおくら・おきゅうと・蟹みそ豆腐・モロヘイヤしらす
20061228181753.jpg
写真には撮らなかったけれど
もろキュウ&梅キュウにハマッて何度もおかわりしてしまいました。
そろそろ忘年会疲れでこういう物に飢えているのかも。
そして、うちのテーブルだけ柚子こしょうの消費が激しい・・・。
だって、柚子こしょうだけでお酒が飲めちゃう女なんですもの~~~。

博多鉄なべ餃子 なかよし
杉並区梅里2-40-16
電話:03-3318-2316




割烹 小田島

クリスマスは和食とワインの先駆け的お店「割烹 小田島」へ。
ここも大好きなお店。ムッシューの人柄が素晴らしいの
本当はカウンター席でムッシューやJr.とお話しながらが楽しいのだけれど
今日は満席のためカウンター横のテーブル席。

照明のせいで写真写りがイマイチですが・・・
DSCF3600.jpg
乾杯のシャンパーニュはボランジェ。
こちらではお料理に合わせて 数多くの種類がグラスで頂けるのが嬉しい
ODAJIMA.jpg
先付け 山海珍味6点
ゲソと山くらげ・いわしと梅肉・塩辛・大豆とイモガラ・あん肝
写真にはないけれど かずのこ
どれも普通の何気ない品々なのだけれど、どれも本当に美味しいんです
この間に頂いたグラス・ワインは オーストラリアのリースリング
シャトー・モンペラのソーヴィニヨン・ブラン それに ムルソー。
モンペラのSB初めて飲んだけれど、和食に合うし、美味しい。
DSCF3611.jpg
前菜は小田島名物 フォアグラ大根
ちょっと甘口のタンジューブランとの相性がバツグン
ヴィオニエも飲んだっけな。
DSCF3616.jpg
汁はトマト・肉団子・ブロッコリーの汁物
意外な組み合わせがお椀でひとつになっていて面白い。トマトが美味。
DSCF3620.jpg
お造り 金目鯛とヤリイカ
確か・・・ドイツのピノとオーベルジュのガメイを頂きました。
DSCF3621.jpg
鮨 鯵のお寿司
DSCF3625.jpg
揚物 朝鮮人参とたらの芽
このあたりは確か・・・オーストリアの白
DSCF3627.jpg
サラダ 冬野菜と牛シャブ
お野菜はアスパラ・ゴボウ・人参・さや・ちょろぎ(ってなんだろ?)
確か・・・何かヴァン・ド・ペイを飲んだはず。も~記憶うす~。
DSCF3630.jpg
稲庭うどん いくらとおくらと山芋がのってます。
さっぱりして美味しい。
DSCF3628.jpg
きゅうりのお漬物
DSCF3631.jpg
いちごのソルベ
DSCF3632.jpg
チョコレートのお菓子とお茶

和食とワインの組み合わせっていいですね~。
クリスマスで帰るころになって手の空いたムッシューがテーブル席にも
声をかけてくれたけれど
またカウンター席でお話聞きながら ゆっくりしたいな~。
私イチオシのお店です。
あ~でもグラスでいろいろ頂くとそれなりのお勘定になるので、
そのへんは心して行って下さいね~

割烹 小田島
港区六本木7-18-24 鈴木ビル1F
電話:03-3401-3345


クリスマスクッチーナ

今月のクッチーナ テーマはもちろんクリスマス
前半はシャンパーニュ~白ワインでフレンチ
後半はイタリアの赤ワインでイタリア風のクリスマスで。
(特別にカリフォルニアワインが・・・

20061228175158.jpg
まずはシャンパーニュで乾杯。
リキュール漬けのチェリーを入れて華やかに。

DSCF3588.jpg
人参のムース&コンソメジュレ うに添え
フレンチのお店「シュマン」のスペシャリテに挑戦。
オレンジ色のグラデが綺麗。シュマンより塩味控えめで美味しい。

DSCF3586.jpg
クリスマス・サラダ
グリーンの野菜とラディッシュの赤が可愛らしいサラダ。
クリームチーズのドレッシングで頂きます。

DSCF3592.jpg
チキンの狩人風白ワイン風味
焼き色をつけてから白ワインで煮込みます。
簡単なお料理だけど、これだけの人数分煮込むには大きなお鍋が必要です。
(じゃないと、すけきよ状態になっちゃって・・・

DSCF3585.jpg
付け合せはマッシュルームのマリネ
さっと湯通ししたマッシュルームをマリネ液につけて出来上がり。
簡単だけど、とっても美味しい。マリネ液にパンを浸して食べると止まらなくなるので、要注意

DSCF3595.jpg
パンドーロ
クリスマス・シーズンにかかせないヴェローナ発祥の黄金のパン
焼きあがったらスライスして飾りつけるとツリーみたいに。

DSCF3594.jpg
チーズはモンドール
フランス コンテ地方の牛乳のチーズ
中はとろとろで、強烈な匂いのわりに優しい味わい。
冬の季節のごちそうチーズです。白ワインを注いで焼いて頂く方法もあり。

20070109172724.jpg

・Domaine Vilmart&Cie GRAND CELLIER D'OR'99
 ドメーヌ・ヴィルマール グラン・セリエ・ドール'99
 卓越した樽使いから「レコルタンのクリュッグ」と賞賛されています。
・R de Rieussec'02
 エール・ド・リューセック'02
 ソーテルヌ格付け1級シャトー・リューセックの辛口白ワイン 
・MEURSAULT LES NARVAUX'04 Marc Colin et ses Fils
 ムルソー・レ・ナルヴォー'04 マーク・コラン・エ・フィス
・Barbera d'Alba'00 CAVALLOTTO
 バルベーラ・ダルバ カヴァロット
・Montevertine'97
 モンテヴェルティーネ'97
 サンジョベーゼ100%のスーパートスカーナ
・Amarone'00 Tenuta Sant Antonio Campo dei Gigli
 アマローネ テヌータ・サン・アントニオ
 遅摘みしたぶどうを陰干しして、糖分や風味を凝縮させ、辛口に仕上げたワイン。
・SAINTSBURY Brown Ranch Carneros Pinot Noir
 セインツベリー ブラウンランチ カーネロス ピノ・ノワール
 Bっちのお土産ワイン~
 CA大デーヴィス校で出合った2人の偉大な醸造家
 リチャード・ワード氏とデヴィッド・グレイブス氏が20年の歳月をかけて育てた
 ナパ・ヴァレーのワイナリー。
・マンズ ソラリス氷結果搾りシャルドネ

年に1度のゴージャス版クッチーナ。
コンソメをとったり、パンドーロの醗酵に時間がかかったり
いつもより下ごしらえが大変だったけれど
とても綺麗に美味しく出来上がりましたね~
毎年、クッチーナのクリスマスディナー楽しみぃ~~~

赤坂で忘年会

忘年会weekの真っ只中 今日は赤坂で忘年会。
men'sチームの仕事の関係で、夜9:15スタートだって。
会社に近いのは歓迎だけど、そんな時間まで会社にいるのはねぇ・・・。
ということで、最近「赤坂美々卯」あとにできた「嵐の湯」天然薬石風呂に寄り道。
http://www.arashi-yu.com/
DSCF3665.jpg
サムエを着て、石の上に寝転がって汗をかくのは、岩盤浴と同じ。
ただ天然温泉かけながし流・・・というのは、
その鉱石をホースから出る温泉水で洗浄するというのが、違うらしい。
赤坂店は男女共用っていうのが、やだなぁ。
スッピン、サムエで知らないおじさん達と同じスペースなんて。。。
たっぷり汗をかいて、ほぼスッピン状態で忘年会へGO

今日のお店はもつ鍋やの「もつ福」
100人も収容できる広いお座敷があるなんてスゴイ。
20061227191910.jpg
塩味と味噌味の2種類出てきたけれど、ここは味噌の方が○
美味しいけれど、にんにくたっぷりなので、リステリンは必需。

もつ福
港区赤坂6-4-17 オークビル1F
電話:03-5549-1970
http://r.gnavi.co.jp/g668504/


オイスター三昧!

ノロウイルスなんて怖くな~~~い
ここは都内某所のオイスターバー久しぶりにを囲む会です。
牡蠣はだぁ~い好き 最近のノロ騒ぎの原因じゃないのに、お気の毒よね。
でも意外と(失礼!)オイスターバーは満席。
20061225132245.jpg
北海道の厚岸・昆布森(←イチオシ)・サロマ産
宮城県の浜市産 そしてパッレオイスター???(←どこ産?)の生カキ

「生牡蠣にシャブリ」というのが定番のように言われてますよね。
そう、白ワインには殺菌効果があるのです。
白ワインに含まれる酒石酸、リンゴ酸、乳酸等に殺菌力があり、
それも酸度の高い白ワインほど殺菌力が強いんですって。
シャープで強い酸を持つシャブリはその効果から言うと理にかなっているのですね~

土鍋蒸し 白ワイン蒸し岩のりソース も美味
特製イカの塩辛も絶品
A4(←これって業界用語?A5が最高級だって)のお肉のハンバーグ おいち~
20061225132303.jpg
デザートのお米のプディングも美味しく頂きました。
やっぱり牡蠣は美味しいね~ ノロに負けずに 頑張れ~オイスターバー


12月のParadise cafe

今までupしたことがなかったけれど、
月1でもうひとつ気楽なワイン会があります。
その名は「Paradise cafe」通称パラカフェ。
チーズ&パンと共に楽しくワインを飲みながら・・・
まぁ飲んでおしゃべりして・・・っていう感じかな。
本格的にワインのお勉強を始める前から顔を出している
難しい話はなし、美味しく楽しくワインを飲もう!という会です。
毎月の会費もそんなに高くないのに、
今月はちょっぴり豪華なセレクションです。わ~い

20061225131102.jpg
・CREMANT DE BOURGOGNE BLANC DE BLANC
 クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン
 何度か飲んでいるけれど、ラベルがチャーミング。
 そしてブラン・ド・ブランの綺麗な味わい。
 クレマン・ド・ブルゴーニュということでお値段もチャーミング♪
・Les Terres du Sud
 テール・ド・シュド・ロゼ
 とっても色の濃いロゼワイン。
 イチゴのようなアロマとすっきりとした酸味のバランスがよい。
 初夏のイメージだったけれど、寒い季節にも美味しく感じます。
・Poupille Cotes De Castillon
 プピーユ コート・ド・カスティヨン
 メルロー100% 
 最近メルロー好き。果実香とバニラや樽のロースト香。
 滑らかでタンニンも角がない、まる~い味わい。美味し~~~
・GEVREY-CHAMBERTIN MONGEARD MUGNERET
 ジュヴレ・シャンベルタン モンジャール・ミュニュレ
 透明感のある美しいルビー色。
 チェリーのような果実香とスパイス。幸せな香りだけれど
 どうしてもジュブレ・シャンベルタンは酸が勝っているように感じてしまう。

20061225131118.jpg
・FONSECA PORT BIN NO.27
 フォンセカ ポート ビン NO.27
 深いルビー色でプルーンやカシスのような香り。
 とても濃厚なチェリーのような果実実とスパイス。
 コクがあって長く余韻も楽しめます。ダークチョコレートとの相性バッチリ。

そして毎年恒例のお楽しみ シャンパーニュのキャップを用いてのくじ引き。
DSCF3544.jpg
先生の選ぶキャップが自分の選んだキャップだったら、嬉しいプレゼント。
ヴーヴイエローラベル375ml×2本がもらえるんです。
(去年は見事に当ててもらいました。その前はBちゃん。)
そして・・・今年は・・・またもやBちゃんに
すると「もー1回もー1回」コール。 再び引くと今度は私。
さらに「もー1回もー1回」 先生・・もしかして私達のこと好きでしょ・・・
今年も楽しい1年でした これからもパラ楽しみにしてます


シノワのフォアグラ丼

銀座は大好きな街。
映画→ワインBarというのは 私の定番。
ワイン好きが集まる「シノワ」へ。
軽めの食事をした後だけど、ここに来たらやはりこれを頂かないとっ。
20061225130003.jpg
シノワ名物 フォアグラ丼
メタボなんて気にしてられない。 うぅ~ん、シ・ア・ワセ~~~

Chinois
中央区銀座6-4-5オリエントビルB1F
電話;03-3571-3108
http://www.chinois.jp/ginza.html

銀座shiokara

シネスイッチ銀座で「王の男」を観た帰り
前から気になっていた「塩辛Bar」に行ってみました。
銀座TIFFANYの裏にあるビルの地下。
ほそ~い階段を降りていったところに「shiokara」はあります。

イカの塩辛は白造り(京都)・赤造り(小田原)・黒造り(新潟)の3種あり。
私達のチョイスはイカ墨入りの黒造り。
バタートーストに塩辛をのせていただきまぁ~す。富士山の生ビールと合う~
その他に海老芋の湯葉餡ソース、出汁巻玉子、珍皮の梅肉和え
それに土鍋で出てくる炊き立てご飯。
20061225125824.jpg

今日はやっぱり日本酒かしら・・・こんな感じで冷やされてます。
DSCF3526.jpg
秋田の真人(生もと純米酒)←旨みがある辛口。
和歌山の兆久(純米吟醸)←桃やりんごのフルーティな香りの後、キュっとキレがよい。
は~~~やっぱり、じゃぱ~んは いいなぁ

shiokara
中央区銀座2-7-7銀座ロビーB1F
電話:03-3538-5323
http://www.zetton.co.jp/j/guide/guide_shi.htm


山小屋でわらじハンバーグ

通称「山小屋」
青山のワインスクールの帰りによくみんなでご飯を食べに行っていたお店。
なんといっても、ここの「雪男わらじハンバーグ」が抜群に美味し~の
 ↓ ↓ ↓ これこれ
20061225124944.jpg
                        ↑これも美味しー「豚肉ジュージューライス」

先週「行ってきた」ってKumyからの報告メール&添付画像を見て
どうしても食べたくなっちゃった。
表参道でお買い物帰りに思い立って
携帯でお店検索して電話しようと思ったけれど お店の本名が思い出せない・・・。
「えっと・・・なんとかウッド・・だったよね~」
そうそう、表参道 ウッドで検索したらHitしました
ほぼ年中無休で夜中の2時までやってます。
ビール飲んでご飯食べても、1人¥3,000いかないくらい。
体育会系が大好きな人オススメです。
でも、有名ミュージシャンも御用達らしいよ

BACK WOOD
渋谷区神宮前5-50-1山路ビルB1
電話:03-3498-9190
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000919896/P021250/


ゴルコン!

密かに今、話題のゴルコン
「女だらけ・・・」企画をしてくれているAさん&Yさんが
23日に神戸でゴルコン企画をしているのだそう。
なんでも、申込み殺到でアッという間に定員いっぱいになったらしい。
それで第2弾、第3弾まで企画があるらしいです。
20061225124803.jpg

確かに18Hラウンドすると、その人の本質がみえますよね~。
ゴルフの腕前もそうだけど
決断力や行動力、フェアプレイが当然だけど
中にはそうじゃない人もいたりする・・・。言い訳する人、ボヤッキー。
何時間も一緒にいるよりも、その18Hラウンドする間に
お互いの相性もきっとわかるはず!
私もBFは楽しくラウンド出来る人じゃなきゃ絶対にいやだなぁ。
・・・っていうか、その前に「ゴルフはあまり好きじゃない」っていう人は
その時点でさよなら~だけど。
東京でも春頃にゴルコン企画あるらしいですよん


シュミレーションGolf&Wineで女だらけ忘年会

とっーても素晴らしい企画です
これって私のためにあるような企画じゃないかしら・・・(な~んて)
9月に参加した「女だらけのゴルフコンペ」企画の忘年会に出席してきました。
ここは六本木にあるゴルフスタジオ。
最新型のシュミレーションゴルフが楽しめます。
宮崎フェニックスカントリークラブをラウンド中
20061219155334.jpg
ちゃんとマットには ラフ用・バンカー用の部分があって面白~い。
キャロウェイのフィッティングルームでクラブ試打した時
似たようなシステムを試したことはあったけれど シュミレーションゴルフ
パターまでとなると なかなか距離感が難しいです・・・。
ゴルフが大好きな女性ばかりなので みんなガンガン打つ打つ
ニアピン・ドラコンをやったりと盛り上がりました。面白かったぁ~~~

20061219160902.jpg
室内には他にこんなアプローチ練習用やパターマットもあって
何時間いても飽きなさそう~(このパターマット ちゃんと順目と逆目があるうぅ)

FOOD&WINEを頂きながらシュミレーションゴルフできるなんて楽しすぎる~
主催者Aさんの親友Fさんセレクトのビオワイン達
20061219160926.jpg
・CREMANT DE BOURGOGNE'00 Domaine Aurelien Verdet
 クレマン・ド・ブルゴーニュ'00  ドメーヌ オレリアン・ヴェルデ
・RIESLING ZELLENBERG'04 Domaine Marc Tempe
 リースリング ツェレンベルグ'04 ドメーヌ・マルク・テンペ
・MINERVOIS'03 Domaine De Couebissac
 ミネルヴォワ'03 ドメーヌ・ド・クルビサック
・DIONY'05 Domaine De Couebissac
 ディオニー'05 ドメーヌ・ド・クルビサック

ビオワインはどれもとても綺麗な味がする。
特にリースリングが香りが華やかで余韻が長くて美味しかった~。
Fさんはロワールにいたこともあり、ロワールのビオワインがお好きなのね。
またワインのこと いろいろ教えて頂きたいな・・・
美味しいワインで気持ちよーくドラコンにチャレンジしたら、なんと1番だった
本チャンコースではドラコンなんて取れないのに
ほろ酔いでかる~く振れたのがよかったのね~ きっと。
じゃ。。。いつもほろ酔いゴルフがいいのかな
AさんYさん とっても楽しい一夜を ありがとうございました~


POK-PONG☆

If you love me,I make you happy.
-僕を愛してくれるならキミを幸せにしてあげる-
 POK-PONG(ポクポン)はThailandから来た災いを食べてくれる守り神
 なるべくいつも身につけてちゃんと愛してあげると全力で守ってくれるって・・・。 
20061218121839.jpg
ゴルフ仲間Mちゃんからのプレゼント。
このキャラクターは ずばりGolf。
スピリチュアルパワーは
レギュラー獲得・勝負運に恵まれ本番に強くなる・・・ですって。
バイザーに片耳ピアスの可愛いポクポン
携帯につけて愛用してます。 Mちゃんありがと~~~

忘年鍋パーティ☆

今日は朝から大忙し
ワイン会参加と 我が家での忘年鍋パーティと
イベントが2つもあるんですもの
仕込みを軽く済ませ、お手伝い部隊の友達にあとを託し、私はワイン会へ。
いい気分~で帰ってきてから またまたパーティ準備。
今日はゴルフ仲間の女の子達が我が家に総勢10名集まるんです  
                            
 張り切って   20061219150110.jpg
         「FERRARI」 のマグナムサイズ 用意しちゃいました~

冬に皆で集まるといったら やっぱりお鍋でしょう~
・・・ということで今回のお鍋は「塩ちゃんこ鍋」
相撲部屋直伝レシピで作ってみました。
http://www.t-shirt-ya.com/tamanoi/chanko.jsp
朝から鶏ガラと格闘してとったスープに 塩とおろしにんにくで味付けです。
↑実は鶏ガラ触るの苦手。
鶏肉の他にソーセージやベーコンも入れて、いいお出汁が出ます。
(自慢の鶏団子入れ忘れちゃったよぉ~)
そして やはり酔っ払いすぎ
鍋パーティの集まりなのに お鍋の写真が1枚も残ってませ~ん
お鍋以外には ソウルで仕入れてきた食材を使って韓国風のり巻のキムパプ
20061219150510.jpg
↑キムパプ用のタクアン・ソーセージ・海苔はソウルのスーパーで購入
ご飯は酢飯ではなく、ゴマ油と塩味で味付け
具は牛そぼろ、ほうれん草のナムル、塩茹でした人参、卵焼き、タクアン、ソーセージなどなど。
海苔は普通のタイプを使い、
巻き上げてから刷毛でゴマ油を表面に塗って仕上げます。
↓1本ずつ違う子が巻いてるので、具が寄っちゃってるのとか
 ご飯が多いのとか いろいろあって可笑しい。でも味はどれもベリグー
20061219145809.jpg
↑豚三枚肉をレタスとえごまの葉とキムチで包んで召し上がれ~。

いっぱい食べて飲んでしゃべって楽しかったね~ みんな サイコー


12月のWORK SHOP ~オールドヴィンテージ

今月のWINE WORK SHOP
年に1度のとっても贅沢な会「オールドヴィンテージ」を楽しむ
チーズやパンとともに、最高で108年も!前の物が登場します。
20061211182152.jpg
さすがオールドヴィンテージだけあって↑すごいボトルもあり

・CHATEAU PICHON LALANDE'74
 シャトー・ピション・ラランド '74マグナム ¥19,000
 このピション30年以上も経っているのに、生き生きとした果実味をも感じられる。
 非常にタンニンもなめらかで、まさにビロードのような口当り。
・MEURSAULT CHARMES'67 Prumier Cru
 ムルソー・シャルム '67 ¥40,000×2本
 同じヴィンテージ2本なのに、全然違う味わいにびっくり
 どちらも余韻にハチミツのような味わいがある。
 1本目はまだ酸がしっかり残っていて繊細な味わい。美味し~
 2本目は香りも味わいもマッシュルームみたいな熟成香。
 この熟成マッシュルーム香にハマル人続出・・・
 私は酸とハチミツ香の繊細なバランスの方が好き。
・CHIANTI CLASSICO Il Poggio'70(Monsanto)
 キアンティ・クラシコ イル・ポッジオ'70 ¥29,000×2本
 非常に力強いワイン。 複雑で厚みのある味わい。
 サンジョヴェーゼが熟成するとこんなにしっかりした味わいになるんだぁ。
 エチケットがとっても素敵。
20061211182212.jpg

・VITAGE PORT WARRE'S '70

 ヴィテージ・ポート '70 ¥16,000×2本
 醗酵途中でブランデーを添加して作られるポート。
 作柄のよい年に収穫したぶどうのみを使用して醸造されるのがヴィンテージポート。
 瓶内熟成なので澱も多く、抜栓が大変なんです。
 琥珀色になった味わいは熟成した果実の甘さが美味しい。
 チョコレートとともに頂くとより一層楽しめます。
・RIVESALTES 1898
 リヴザルト 南仏のVDN(天然甘口ワイン)¥44,000
 醗酵途中でアルコールを添加して果実の糖分を残したもの。
 樽で長年熟成させたものを瓶詰めして出荷される。
 108年も熟成させたものを頂けるなんて感激
 そしてその味わいは濃厚で余韻が長く、素晴らしいです。

↓ポートはリコルクしないので古いヴィンテージポートは
 パンサポルトという抜栓方が 必要なのです。
 バーナーで熱した器具で瓶の口をギューっと挟み、続けて冷水をかけると
 瓶の口が切れるという方法です。
20061211182231.jpg
↑そして濾過器を使ってデキャンタージュするのです。

今回の目玉はやはりリヴザルトかしら・・・。
100年以上の年月を経て 出会えることができた味わいに感激でした~


「A Good Year」

悲しいお知らせです
2007年春公開予定だった映画「グッド・イヤー」が公開無期延期に・・・。
20世紀FOX いったい何があったのぉ~~~
原作は「南仏プロヴァンスの12か月」が大ベストセラーとなったピーター・メイルの
最新作。 リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ主演。
-STORY-
ロンドン金融界で敏腕トレーダーとして成功を収めているマックス(ラッセル・クロウ)
彼の元にプロヴァンスで暮らしていた叔父の死の知らせが届く。
叔父のブドウ畑とワイナリーを相続するために、30年ぶりにプロヴァンスに赴くと
到着早々、まずいワインを飲んだ彼はすぐに遺産の売却を決意するのだが・・・。
AGY_sakuhin_img03.jpg
館のそこかしこからあふれ出る叔父と過ごしたかけがえのない少年時代の思い出。
そして、不思議な運命の絆で結ばれた女性との出会い。
AGY_sakuhin_img04.jpg
夏から秋へと向かうプロヴァンスの暮らしの中で
本当の豊かさとは何かに気づき、生きる歓びに目覚めていく主人公の変化を
いきいきと描いたこの作品は、
観る者すべての心を温かな幸福感で満たしてくれるだろう。

観たぁぁ~い
「サイドウェイ」「モンドヴィーノ」とワインに関する映画を
心から楽しめなかった私は「グッドイヤー」の公開を心待ちにしていたのにぃ~。
ヴォージョレ解禁日に合わせて試写会もやっていたはずなのに、
こんなことってあるんですね・・・がっかり
DVDは発売されるかな・・・それを楽しみに待ってよーっと。



ソウルで買ってきた美味しい物

ただいま~
今回もよくお買い物しました。でも、そのほとんどが食べ物だぁ・・・

20061215155603.jpg
韓国のり いーっぱい試食しました。
ロッテ百貨店で私達がNO.1に選んだのは「名家」
キムチ味、普通味、新のりはちょっとお値段高めだけれど香りが違います。

20061215160402.jpg
韓国のゴマ油は香りがよくオススメです。
ロッテ百貨店で店員さんに「どれが1番美味しい」って聞いたら即答でこれ。 
(右側のビンです)
左側のは倍くらいのお値段。まだ試していないので味わいの違いはわからず。

20061215160433.jpg
神仙ソルロンタンのキムチ
たしか1.5kgで21,000Wだったかな?今回のは真空パックになってた

20061215155644.jpg
会社へのお土産のお菓子たち
ドーナツはレンジで8秒チンしてってBoxに書いてある。
ひまわりの種チョコは定番だけど外せない 食べ出すと止まらない美味しさ。
ザクロ味のハイチューもなかなかです

20061215160540.jpg
伝統茶の粉末スティックはナツメ・ニッキの香り・松の実も入っています。
風邪の季節に温まるのによさそう。
そして、ラズベリーワイン

ソウル最終日

とうとう最終日。買い残したお土産探しにロッテ百貨店へ。
朝ご飯はロッテ11階のレストラン街にある豆腐チゲ専門店で。
(ここが1番混み合っていたので美味しいのかな?って)
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=626
20061207172352.jpg
納豆入り豆腐チゲと鱈の豆腐スープ
(日本語メニューには明太子って書いてあったんだけどな)のセット。
そして最後の日は朝から ←韓国のビールは薄くて軽いでーす。
お疲れさまぁ~今回の旅はそんなに飲みに走らなかったね・・・
買い物を済ませ、ホテルでみんなをお見送り
(みんなは15時過ぎ、私は20時過ぎのなので)

初日と同じく1人で行動。
まずは東大門のファッションビルを再検索。
もう手持ちの現金がサミシイので、滞在中何度もお世話になった
東大門の観光案内所で両替をしてもらう。(ここは銀行とレートが一緒だった)
↓マップのiマークの場所にあります。
http://japanese.tour2korea.com/06shopping/ShoppingInSeoul/
dong01.asp?kosm=m6_2&konum=subm4_1

でも、ミリオレもドゥータも19時からの営業だった・・・
ハローエーピーエムで安可愛いものを探してみたけれど、
今回は思うような掘り出し物を発見出来ず。
その後は明洞に戻り、神仙ソルロンタンでキムチを購入。
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=75
ここのキムチ大好き~毎回頑張ってここの1,5kgを背負って帰ってきます。
さらにKrispyKremeドーナツ(明洞の街中にも発見)で
オリジナルクレイズドを1ダースお土産に。
さすがにスゴイ荷物。空港まではTAXIで行くことに。
プラザホテルから模範タクシーで金浦空港まで45分41,000Wくらい。
20061207172215.jpg
TAXIから見たソウルの街。遠くにソウルタワーが見えるんだけど・・・

金浦空港国際線ターミナルに到着。まだまだお買い物しますよ~
1階GATE2そばにある手荷物預かり所に荷物を預け
(荷物のサイズによって料金が変わります。
私は3つ預けたのでLサイズ?7,000Wでした。Sなら3,000W)
GATE2前から無料のエアポートシャトルに乗って、1つ目のEマートへ。
ここは地元の人達が日常品を買うスーパー。
お菓子狙いで行ったのだけど、種類が少ない。お菓子買うならコンビニね
せっかく来たので、食品売り場をキョロキョロ。
のり巻用の海苔、タクアン、ソーセージを購入してみた。
再びエアポートシャトルで国際線ターミナルへ。
帰りはぐるっとまわるので戻るのに15分くらい乗る感じになります。
空港に戻るとセブンイレブン発見
買いそびれたひまわり種のチョコを買わなきゃ・・・
そこで、宮宴で飲んだラズベリーワインも発見しちゃった
お願い~~~誰か私を止めて~~~満足中枢がマヒしてるのかも。
さらにあれもこれもお買い上げ。
とんでもない荷物になってソウルをあとにしたのでした~


続きを読む »

ソウル3日目の夜

ソウル最後の夜、私達が選んだお店は「宮宴(クンヨン)
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=653
大人気ドラマ「チャングムの誓い」の料理諮問をした
ハン・ボッリョが主宰する、正真正銘の宮廷料理を味わえるお店です。
20061212141802.jpg
閑静な住宅地やオシャレなカフェ、ギャラリーのある落ち着いた雰囲気のエリア
三清洞(サムチョンドン)にあります。
外観も周囲の雰囲気とマッチした佇まい。
階段を登ると左手にお庭、右手に建物があります。

20061207170950.jpg
店内はシンプル&モダン。すっきりとした印象です。

20061207170529.jpg
今日頂くのは長今晩餐(チャングムバンサン)72,000Wのコース
どのお料理もドラマのエピソードにまつわるものだそうです。楽しみ

20061207170549.jpg
・初味 5種類の乾き物
 くるみ、海苔ともち米、生栗、えい、ビーフジャーキー
・二味 粥・菜・湯
 粥は牛乳粥。幼いチャングムと友達が誤って
 王様のお膳をひっくり返してしまうシーンに登場するお料理だそう。
 当時、牛乳は宮中と特別階級の人のみ口にできる貴重品だったとか。
 菜は棒ダラの皮を湯がいたものと、生栗、梨、セリ、ナツメを和えた物。
 湯は牛タンのスープ

20061207170638.jpg
・三味 熟柿ソースの和え物
 筍、しいたけ、もやし、セリ、梨、ナツメを熟した柿(隠し味にハチミツ)
 のドレッシングで和えたもの。
 幼いチャングムが熟柿を使用していることを言い当てたシーンがありました。
 「柿の味がするから柿の味がすると申し上げたので、
  なぜ柿かと聞かれましても・・・」

20061207170706.jpg
・進御小膳・魚膳
 鱸の白身とその間に牛肉のミンチを挟み焼き上げたもの。
 柚子と松の実、辛子でできたソースがかかっています。
 キュウリの和え物と朝鮮人参の天ぷらが添えてあります。
 白菜の白キムチはザクロの形。
20061207170746.jpg
・進御大膳・肉膳
 蒸した豚肉と豆腐、ドライ人参、ナツメ、銀杏を甘辛く味付けし、
 白髪ねぎを添えたもの。サラダは梅の香りのドレッシングです。 

20061207170809.jpg
・進御水刺・粥水刺
 アワビ粥と温麺から選べます。
 粥の付け合せはつる人参の漬物、干し棒ダラを削ったでんぶ、
 牛肉と青唐辛子の醤油漬け、水キムチ。
 温麺の付け合せは牡蠣のジョン、ナムル、キムチ、同じくつる人参の漬物。

20061207170834.jpg
・進御茶菓
 5種類の宮中餅と菓子 かぼちゃ餅、揚げ菓子、レンコンの砂糖漬け、おこし
 花菜 梨と柚子のシロップ漬け

20061207170927.jpg
この日頂いたお酒は
コリアン・ラズベリーワインと韓国焼酎
ラズベリーワインは甘いけれども苦味もあって、意外と食事と合いました。
とても鮮やかな赤い色です
25度の焼酎はつよぉ~い!(飲みきれずホテルにお持ち帰り)

特に感動したのは、いろいろな形で出された朝鮮人参。
朝鮮人参というと苦いのを我慢して口に入れるイメージですが
魚膳の付け合せの天ぷらはホクホクして甘さと苦味のバランスがとても美味でした。
肉膳に入っていたドライ人参もしっとりとやわらかく香り高い味わいでした。
そして、粥の付け合せのつる人参の漬物。
コリコリとした歯触りで、これもとても美味しかった。
宮宴のお料理はどのメニューも派手さはないけれど
素材の味わいを大切に手間をかけて作られたお料理でした。
とても心地良い満腹感。んこのフレーズ、なんだかレイ家菜のコメントとそっくり~。そう、高貴な方が召し上がるお料理って共通している。
化学調味料のような偽りの味わいなど微塵も感じられない、
真摯に素材と向き合った結果の味がする。
だからお食事のあとに体に負担がかかることなく心地良いんですね

ホテルに戻り、床がポカポカのオンドル部屋で
持ち帰った焼酎と各自手に入れたおつまみやお菓子を持ち寄ってトークタイム。
いいなぁ~オンドル部屋。ゴロゴロできるし、気持ちいい~~~
をつけたら、韓国版Golfチャンネルで女子の日韓対抗戦をやってた)
そして今夜はお布団を敷いて寝るのよね。
↓これが敷きぶとん・・・ で、シーツはなし。
20061207171654.jpg
厚さの違いがあまりないから敷きぶとんと掛け布団の区別ができなーい。
なんだか4人くらい寝られそうな雰囲気。
韓国ドラマ見ると友達同士で1つのお布団に寝てるシーンがよくあるしね。
次はこっそり皆で泊まっちゃうぅ・・・


ソウル3日目

翌朝は遅くまで爆睡 チェックアウト時間ギリギリになってしまいました。
TAXIで「ソウルプラザホテル」へ移動。
ここは、サッカーワールドカップの時に
赤いTシャツの観衆が集まった市庁前にあるホテル。
そして、冬ソナの撮影にも使われたホテルです。
20061207165709.jpg
ロビーにはクリスマスベアーのツリーが可愛い
今回泊まるのはオンドル部屋。前から泊まってみたかったのよね~。ウレシイ。
20061212141852.jpg
調度品も韓国ムードで素敵

お昼はホテルからそう遠くない「カンソミョンオク」へ水冷麺を食べに。
http://www.gnavi.co.jp/world/asia/seoul/w107044/?sonet
ここは大統領官邸にも納品しているというお店。
20061212152641.jpg
冷麺はお店の人がハサミで切ってくれます。
スープは牛のダシが効いていて、深い味わいでと~っても美味。
こんなに美味しい冷麺に出会ったのは初めてで感動
ほかに大きなマンドゥやサービスで頂いたキムチチヂミ。
冷たい伝統茶はニッキの香り。松の実が香ばしい。
広い店内を見渡すと おばあちゃまグループがあちこちにいる。
なんだか みんな楽しそうで微笑ましい。
私達もおばあちゃまになっても、あんなふうに一緒にご飯食べたいわね


ソウル2日目の夜~明け方

ホテルのベルデスクのお兄さんにお願いして
夜ご飯のお店に予約の電話を入れてもらう。(日本語があまり通じないお店なので)
前回、こちらに留学してる子に連れて行ってもらって感動した
カンジャンケジャン(渡り蟹の醤油漬け)とアグチム(アンコウ蒸し)が有名なお店です。江南・新沙洞にある「元祖馬山ハルメアグチム
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=595
このあたりはアグチム・カンジャンケジャン通りと呼ばれているらしい。
20061207125403.jpg
お店についてみたら、あれれっ?前回来たお店じゃなかった。
ちゃんと確かめてくればよかったなぁ~。でも、ここは元祖らしいし、いいか・・・。
地元客で賑わってる感じで日本人は見当たらない。
お目当てのケジャンと 寒かったので辛い海鮮鍋を注文。
韓国料理がいいのは いろいろな小皿が出てくるところ。
ナムルやキムチのほかにも 豆や胡麻和えのようなものもあり嬉しい。
ケジャンの身は甘く、卵も美味し~い。シアワセ~
カンジャンケジャンの美味しい食べ方といえば、
甲羅についているカニ味噌をかき出し、そこにご飯を入れてまぜまぜして食べる♪
そして辛いお鍋とちょっぴり甘いチャミスルが合うんだなぁ・・・。
(チャミスル ジュセヨ・・を連発)
もっと飲みたいけれど、このあと汗蒸幕の予定だからほどほどに。

これもベルデスクのお兄さんに予約を入れてもらったのだけど
このあとは同じく江南にある「永東汗蒸幕」へ。
http://www.seoulnavi.com/beauty/este_shop_view.html?id=2
食事をしたお店まで迎えにきてくれました。
(レザーシートのいい車♪社長さん 羽振りがいいのかしら?)
ここもリピートのお店。
2年前に来たときは友達と3人で同じコースを頼んだのに
私だけひとり別行動になってしまい、途中で駄々をこねた経験があり。
(だって、ひとりで汗蒸幕に入っても楽しくないし・・・)
そのときは女社長さんがなだめに来てくれたのでした。
今回はそういうことも全て改善されていて
4人で汗蒸幕に入った後、それぞれのコースへ。
私は基本のコース(汗蒸幕とアカスリ)+指圧+もちもちパック
(顔と上半身の経路マッサージ)
しめて155,000wなり~。(こんなにやって¥20,000くらいだもんね)
まずロッカーでガウンに着替えてメイクを落とし、汗蒸幕へ
 ↓
汗蒸幕から出てくると、冷たい五味茶を頂きます。
その後、温めた塩袋を背中の下とお腹に乗せてもらい横になります。
頭をマッサージしてもらい、トリートメントをしてもらう。
 ↓
その後、マッサージルームに移動して指圧。(こってますを連発された
 ↓
再び、汗蒸幕へ。(頑張って2回入った)
 ↓
いよいよアカスリへ。
シャワーで体を洗ってもらって、ハーブ風呂と人参の泡風呂に入って順番待ち。
 ↓
黒い下着のアジュマにいっぱい垢をすってもらう。
(わざわざ目元のタオルを持ち上げられて、垢の量を見せられる・・・ぎゃお~
 ↓
オイルマッサージの後、髪の毛をシャンプー
(今回は顔のきゅうりパックなしなのかな?)
 ↓
すっかり体も拭いてもらい、今度はもちもちパックのため再びマッサージルームへ。
 ↓
そこにはひと足お先に黄土パックしているYちゃんが・・・
(あ~写真撮りたい。。。ぷぷぷ)
 ↓
顔のリンパ経路をマッサージ(イ、イタ~イ
続いて、胸部もマッサージ(く、くすぐったい・・・)
その後は顔にパックをしてくれていたようですが、気持ちよさに
 ↓
終了。アジュマに起こされてロッカールームまで歩いてきたけれど
脱力しちゃって立ってられない。床に座り込んでぐったり、廃人状態
そこへ、「見て~~~」・・・とまつ毛パーマを終えたキラキラの笑顔でRちゃんがま、まぶし~い
 ↓
そのとき 時間はすでに午前4時過ぎ・・・
DSCF3329.jpg
なんと6時間もいたんですね・・・
そろそろ帰らなきゃ・・・と思っているところへ
スタッフの女性がひとこと 「いっぱい食べていって下さいね」
そう、ここでもソウルナビクーポンの威力発揮
こんなにいっぱいご飯を出してくれるんです。しかもとっても美味しいの。
20061207125426.jpg
冷たいお茶とシッケ(お米のジュース)で生き返る~。
ワカメスープやプルコギ、チャンジャやキムチ、ナムル
それにチヂミ、韓国風のカキ氷まで。どれも本当に美味しくて感激でした~~~。
社長さん、スタッフのみなさん お世話になりました。
もう決して文句は言いません
(スタッフの女性が私のこと覚えてるって。前回、クレーム言ったせいかな?)
ホテルまで車で送ってもらって 汗蒸幕での一夜を満喫したのでした


続きを読む »

ソウル2日目

ソウル2日目の朝。ものすごーく寒い。耳がちぎれそうな位、風が冷たい
朝ご飯は Yちゃんが乗ったTAXIの運転手さん情報の
「プラザホテル前の参鶏湯のお店」へ。
TAXIで前を通ったときに「このお店が美味しい」って教えてくれたらしい。
赤い字の看板を手掛かりに 凍りそうな空気の中、お店を探す。サムイよ~~。
Yちゃん情報なのでちょっぴり不安だったけど(←しつれ~い)無事にお店を発見。
その名も「ソウル参鶏湯
普通のと鳥骨鶏のサムゲタンを2つずつ注文してみる。
待っている間に人参酒でが出てきた。高麗人参の香りで体によさそう。
20061207122518.jpg
ぐつぐつの状態で出てきたサムゲタン
鳥骨鶏の方がスープが濃厚な感じ。
身は少しパサつきがあって、鶏を食べるならふつうの方が美味しいかな。
・・・というか、お鍋の中がどんどん黒くなってきてグロイ。
ビジュアル的にも私はふつうの方がいい。
きっと栄養が高いのは鳥骨鶏なんでしょうけれど。

その後はロッテでお買い物。
あ~お買い物って どうしてこんなに楽しいのかしら~
みんなで「これどーおー?」なんてやってるとあっという間に時間が経っちゃう。
お買い物のあとは ロッテデパート地下にあるKrispy Kreme Doughnutsへ。
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=624
まだ日本未上陸のアメリカのドーナツチェーン。
(日本では12/15に新宿サザンテラスに第1号店がオープン予定)
20061207122848.jpg
出来立てのドーナツをひとりに丸々1個試食でくれるので
いつも行列ができてます。
ふわふわで軽いドーナツは日本でも大人気になること間違いなし

その後は再び クアンヒ市場へ
DSCF3306.jpg
土曜日は17時までなので、気をつけなきゃ。

20061207123413.jpg
170番ブイルサ(お店の場所はこの番号をたどってけばわかります)
日本の女性誌で取り上げられてるお店はデザインもいいし、
素敵なのが沢山あります。

HS.jpg
177-178番ヒョンソンサ
http://www.seoulnavi.com/shop/shop.php?id=198
ほかのお店でもいろいろ試着してみたけれど、
ここのムートンが1番軽くて柔らかくて着心地がよかった。
ソウルナビのクーポンを持っていって現金で支払うと10%割引してくれます。
大きなお買い物の時は絶対活用しなきゃ。
皮製品は日本の約3分の1の価格くらいでgetできますよ~

DSCF3305.jpg
ここは日本語表示なしのお店
ファーのストールが沢山あって みんなそれぞれお買い上げ。
私も母のお土産にミンクのストールを購入。

クアンヒ市場から東大門運動場の間にはたくさんの屋台が出てます。
ちょっとここでひと休み。ビニールで囲いがしてあって、中は暖かいです。
アジュマ(おばさん)を撮ったら、湯気の向こうでお兄さん達がポーズしてる
20061207165910.jpg
マンドゥ 小籠包みたい。なんでタクアン・・・
トッポキ ここのは極太でもっちもち。
キムパプ ゴマ油がいい香り。いろんな具が入っていて美味し~い
大好きなホットック これは緑茶入り。

荷物を置きにいったんホテルへ帰りま~す。


今日からソウル

年に1度くらいは 買い物&グルメ&エステに行きたい街 ソウル。
いつもパワーをいっぱいもらって帰ってくる気がする。
この街を楽しむには
元気で、好奇心旺盛で、食いしん坊な同性の友達と一緒がいちばんっ
そして今回、私以外は初ソウルというワイン仲間のYちゃん、Rちゃん、Mちゃんと。

ANAのマイレージを利用して、みんなよりひと足お先にソウル着。
今までは 羽田-仁川空港→迎えので移動 
というルートでしか行った事がなかったけれど、
今回は 羽田-金浦空港→で移動 というルートにしてみました。
金浦の方が街に近いし、地下鉄はわかりやすく、
空港からホテルのある明洞までは乗り換え1度で行ける。
料金は1,100W(¥140位)だし、45分程で到着です。
↑日本円だと×0.13で換算して下さい。
(ただし、駅の階段があるので荷物の大きい人はツライかも)
みんなと合流するまでの約3時間、私の行動は計画済み。
まずは、ホテルに荷物を預けて明洞の街へ。
金浦空港には11:45着でも なんだかんだでもう14時ちょっと前。
小腹がすいたので 「明洞餃子」へカルグクスを食べにいきました。
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=32
20061207173257.jpg
「明洞餃子」のカルグクス 6,000Wなり~
カルグクスはうどんのようなもの。
ワンタンとひき肉がのっていて、にんにくの効いたスープはとっても美味しいです
きっと乾麺をスープの中で茹でてるんだろうな~
というくらいの微量なとろみがついてます。
付け合せでキムチと粟のようなものが混ざっているご飯。
ここのキムチ美味しいけど辛ぁ~~い
浅漬けだけど、その分直接唐辛子の辛さが攻撃してくる。
まわりを見渡すとキムチの小皿に水を入れて、
唐辛子を落として食べている人を何人か発見
みんながみんな辛い物が平気なわけじゃないんだ。なぜかちょっとホッとしちゃった。
マンドゥが美味しいらしいけど、ひとりでは無理なので断念。
(take outも出来るんだぁ~~)

その次に向かったのは「Top Model Nail
http://www.seoulnavi.com/beauty/este_shop_view.html?id=103
目的はネイルではなく まつ毛パーマ
予約を入れてなかったけれど、金曜の昼間だったせいか大丈夫でした。
日本人のスタッフもいるので心配なし。
サービスでエアーフットマッサージもつけてくれて、ベッドでリラックス。
朝5時半起きだったし、お腹はいっぱいだし・・・で心地よく
眠っている間に終了。最後に目の洗浄もしてくれます。
所要時間は約1時間ほど。仕上がりもバッチリパッチリ
明洞餃子に置いてあったMAPについている
クーポン券を使って現金払いで10%OFF。
20,000W→18,000Wでした。大満足
そうそうソウルでお得に滞在したいなら
積極的にクーポンを利用すること と 支払は現金でがポイント
大きなお買い物ほど割引が嬉しく感じられますよ

1~2日目に宿泊するのは 「SAVOY HOTEL
http://www.seoulnavi.com/hotel/hotel.php?id=53
明洞の繁華街の中にあって、地下鉄の駅からもすぐ。
どこに行くのも便利なロケーションです。
20061206125851.jpg
リニューアルしたばかりらしく派手さはないけれど 清潔なお部屋。
デラックス・ツインにグレードアップしてくれた。ラッキ~♪
コンビニや化粧品屋さんをウロウロしてホテルに戻ると、
程なくしてRちゃんとMちゃんが到着。
某航空会社CAのYちゃんはふたりと同じ便に乗れず、次の便で到着とのこと。
Yちゃんが到着するまで、ガイドブック片手にスケジュールの相談。
いつしか話題はMちゃんが本で発見した肝臓に効く「ウルサ」という薬のことに。
よくわからないけど、肝臓にいいらしい。私達には絶対必要だわ~

Yちゃんも無事に到着して4人で明洞の街へ。
そうそうまず薬屋さんを探さなきゃね
化粧品屋さんの前に立っていた女性に薬屋さんの場所と
ついでに「ウルサ」を知ってるかと尋ねてみる。
そのお姉さんいわく「コンディション」という薬がいいらしい。
早速教えてもらった薬屋さんで 女4人肝臓にいい薬を立ち飲み。
(やる気マンマンでコワイ~)
薬屋のお兄さんは「今日は何?パーティ???」とかなり不思議そうだった。
20061207173350.jpg
ウルサは60包入りで25,000W。1包から買えます。
原料は熊の肝?赤と緑の裏表で不思議な色。
コンディションは栄養ドリンクかな?飲みやすくて美味しいかも。

1日目の夕食はサムギョッサル。豚三枚肉の焼肉です。
トッサムシデ」の明洞店へ。
http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=642
レタスやえごまの葉のほかに お肉をお餅で包んで頂くのが、このお店の特徴。
きなこのついたお餅と豚肉の相性がいいんです~。
ほかにも大根の酢漬けの薄切りで包んだり、味にバリエーションがあるのも嬉しい。
20061207173449.jpg
私達の隣のテーブルには学生さんと思われる女の子4人組。
焦げちゃう~とばかりに横からお箸をのばして
私達の鉄板のキムチをひっくり返してくれたり
いろいろとお世話をしてくれました。なんだか気さくでいい感じ

食後は私の今回の旅の1番の目的
東大門の「クアンヒ市場」(皮製品の卸市場)へお買い物に。
この市場、土曜日の17時~日曜日の20時位がお休みだったり、
年末年始がお休みだったりで
今までことごとく閉ざされた入り口の前で悲しい思いをしてきたのです。
なので、みんなにお願いして初日の夜に行ってみました。
初めて見る市場の灯りに感動 あーよかった。やってるぅ~~。
お目当てのムートンのコートの手付金を払い、また明日取りに来ることに。

doota!.jpg
東大門のファッションビルdoota!のライトアップ
トンデムンの夜はまだまだこれから