FC2ブログ

LAVANAでエステ

とうとうバンコク最終日。
帰りは夜23時ころ発のなので ほぼ丸1日ゆっくり過ごせます。
朝食は昨日今日と ナナ駅に近いランドマーク・プラザにあるお店で
ピータン粥   ヌードル
      昨日は ピータン粥          今日は魚ボール入りの米麺

今日は にょほほ~~ん となっちゃう予定。
LAVANA Bangkok Massamge&Spa で半日プログラムのエステ三昧。
  ↓私達は ラヴァナセラドン2のハーバルボールの入っているコースで
  ラヴァナメニュー
  4,950BT=約¥17,000 6時間もエステしてこのお値段なんて・・・素敵

   バンコクの街中にありながら 広い敷地の1軒家スパ「LAVANA」
ラヴァナ
     建物の中は 心地よいハーブの香りで満ち溢れています。
     フロアの一角には ハーバルボールを作る工房があるのかな?

 フットマッサージ→ボディスクラブ→オイルマッサージ&ハーバルボール
    (60分)       (60分)            (90分)
アカスリも好きだけど ボディスクラブはアロマ効果もあって、もっと気持ちいいかも。
ホホバオイル、アプリコットソルト、マンゴスチンで美白効果もありですって。
ライムの葉、レモングラスなどのタイハーブを蒸したものを布にくるんだ
ハーバルボールでのマッサージも very goo~
じんわり温かいボールで経絡に沿って押されると血のめぐりがよくなる感じがします。
・・・と ここでひと休み。なぜかアメリカンブレックファーストのサービスがあります↓
       ラヴァナBF
      こういう食事は久しぶりなせいか 妙に美味しく感じる

3人一緒のお部屋で過ごすのはここまで。
上の階に移動して いよいよ楽しみにしていたシロダーラ。
シロダーラとは インドに5,000年前から伝わるアーユルヴェーダの一種で
「脳のマッサージ」と呼ばれているそうです。 額の中央に
温かいオイルを一定量・一定温で垂らし続けることによって瞑想状態に。
確かに心地よい感覚で いつの間にか眠ってしまったみたい
その後、ヘッドマッサージ&フェイシャル (もうほとんど意識がない)
体中の力が抜けてしまって まさに にょほほ~~ん状態で終了です。

   LAVANAを出たころには あたりはもううす暗くなってました
   バンコク最後のご飯は LAVANAのすぐお隣にある
   ジャングルの入口のようなレストラン Cabbages&Condoms
    キャベジ外観

      ↓こちらでは こーんな方々がお出迎えしてくれます↓
   キャベジ
「キャベッジズ&コンドームス」は
Mr.Condomこと副首相も務めたミーチャイ氏のお店。
エイズ撲滅活動の一環で コンドームの普及に貢献してるんですね。
お店の至るところにオブジェと化したものが飾られてます・・・・。

    でも、お料理の方はちゃーんとした美味しいタイ料理なんですよ!
キャベジ料理
          エビのすり身揚げ ポメロサラダ ナスのサラダ
           海老と春雨の土鍋蒸し バナナフリッター

                お土産にもらったのは
               おみやげ
                  もちろん これ

      なんだか楽しくなっちゃってテンションな私達は
    トゥクトゥク
          トゥクトゥクに乗ってホテルへ帰りました~

       トゥクトゥク2
   Yちゃん Bちゃん ありがと~。2人のお陰で楽しい旅だったわ


             バンコク旅編 ~オマケ~
        昼寝犬
         こんなに無防備な姿で寝てていいの・・・・・
 
スポンサーサイト



フードコート&屋台&天空Bar

サイアムにある大型ショッピングコンプレックスでお買い物
伊勢丹とZENそして セントラルワールドプラザと3つのデパートが
同じ敷地内でつながってるので便利 (でも 広くて迷子になりそう)

          お買い物の合間に   マンゴタンゴ 
フレッシュマンゴー&マンゴープリン&マンゴーアイス+スティッキーライス
    マンゴータンゴ
           マンゴー好きにはたまりませ~ん

    そしてYちゃんのお知り合い大絶賛のトムヤムヌードルを探して
              CENTRAL FOOD HALLへ
    トムヤンクンヌードル
        すごい!真っ赤。お味は・・・んー まぁまぁかな

荷物を置きにいったんホテルに戻り、着替えて またまた夜の街へ
今夜は スクンビットソイ38の屋台ストリートに行ってみました。
屋台を見ながらプラプラしていると・・・ 「あれ?あの人・・・」
昼間ブルーエレファントのスクールで一緒だった男性を発見。
彼は この近くに住んでる友達とご飯を食べているところなんですって。
私達も そのお友達オススメのお店のものをチョイスしてみました

1軒目は食堂のようなお店に入って
ダックご飯   豚煮込み
       ダックのせご飯              豚の足の煮込み
どちらも見た目ほど味が濃すぎず がすすんでしまう美味しさです。ぷるぷる~

      次は人気の麺屋台で  ここのバーミーナムもGoo~
     バーミーナム
      
そしてそして またまたマンゴー屋台です
マンゴー屋台
  マンゴーwithスティッキーライス & ドリアンwithスティッキーライス
きゃっほ~ 私、初ドリアンです よく熟れてて、ねっとりしてて美味し~

今夜はほんのちょっぴりオシャレをして(先に屋台に行っちゃったけど・・・)
   Banyan Tree Bangkok 最上階の61階にあるオープンエア 
           Restaurant&Bar VIRTIGO      
夜景
    超高層ビルの61階にあって オープンエアってすごくない
 (綺麗に撮れないので バニヤンのフォトギャラリーを見て下さいね)
   360度パノラマの夜景を見ながら 今日もいい1日でした~

Blue Elephant Cooking School

ロンドン・パリをはじめヨーロッパを中心に支店をもつ
高級タイ料理店 ブルーエレファント のお料理教室に参加してきました

    ブルーエレファント
      BTSスラサック駅のすぐ目の前 趣のある建物が素敵

午前と午後クラスがあり、私達の参加した午前クラスのレッスンでは
実際にマーケットに足を運び、食材選びのレクチャーから受けられます。
市場
野菜やフルーツ、お魚、乾物、調味料などなど 様々な食材が売られています。
ココナッツを削るところを見学したり、ビニール袋に入ったミルクティーを飲んだり
観光客としては絶対行かないような市場見学ができて面白かったぁ~

    再び レストラン3階にあるスタジオに戻ってきて レッスン開始です。
      BEデモ
     メニューは4品。まずは先生のデモンストレーションを見て、
    その後、1人1人自分の分を作ります。これを4品分繰り返していきます。

本日のメニューは 私達の知ってるタイ料理の代表的なものがほとんど。
左側がお手本の完成品で、右側が私の作品です。
◆Keang Keaw Wan Kai (Green Chicken Curry  グリーンカレー)
グリーンカレー見本   グリーンカレー
グリーンカレーペーストから作りました。
少しの油とともにペーストを炒め、ココナッツミルクを少しずつ3回。
なじんできたら材料をどんどん投入して 火が通ったら出来上がり。
マクアボー(タイの小ナス)が手に入らない時は青いバナナで代用ですって。
ココナッツミルクで花びらのような絵を描いて 仕上げます。

◆Tom Yam Koong (Sour&Spicy Prawn Soup トムヤンクン)
トムヤンクン見本   トムヤンクン
レモングラスは叩いてからカットします。
バイマックル(こぶみかんの葉)などフレッシュなタイ野菜を
たっぷり使っているので心地よい香りにうっとり。
   
◆Pad Thai (Stir fried Rice Noodles パッタイ)
パッタイ見本   パッタイ
パッタイソースから作りました。タマリンドという果物のジュースも使うので
ほんのり甘いソースです。チリやシュガーを振りかけて食べるんですよね。
ライムの飾りが上手く出来なかった・・・。

◆Yam Som O Tua Plu(Pomelo Salad with Wing Bean ポメロサラダ)
ポメロサラダ見本   ポメロサラダ
グレープフルーツに似た果実のポメロ。
チキンのささみとともにタマリンドジュース&チリのドレッシングで合えます。
あまり馴染みのないメニューだったけれど(ポメロが手に入らないから?)
すごく気に入りました助手のお兄さんのアレンジ入りの盛り付けです。

    BE店内 
        ブルーエレファントの店内もとーっても素敵なんです。

             そして いよいよ試食タイム~
BEテーブル
この日レッスンを受けたのは 全部で15名ほど。
みんなでテーブルを囲み、それぞれ自分の作ったお料理をいただきまーす。
日本人は私達だけ。(レッスンは英語)和気あいあいの楽しいランチタイムでした

    BEおみやげ
      レシピの他にも エプロンやエコバック、調味料セットなど
      お土産をたくさん頂きました (受講のディプロマまで)
  ものすごく楽しかった~ またいつか 違うメニューも習ってみたいです。

Weekend market&チャオプラヤー川

今日は日曜日。
ホテルから最寄りのBTSナナ駅に行く途中の屋台で朝ご飯を食べてみました

↓夜のムンムンした雰囲気と違って、のどか。
  おじさんが道路わきで お米をといでたりします
  (左上の写真の左下見える・・・?)
屋台の朝
バーミーナム&ひき肉とバジル炒めご飯 どちらも確か30BTくらい。
あまりにもご飯が美味しい~ので オムレツのせご飯?にも挑戦。
こちらは やや油っぽくて、やめておけばよかったかな。

この日は 週末の土日のみ開かれるウィークエンドマーケットへ(通称JJマーケット)
BTSモーチット駅チャトゥチャックパーク敷地内に
なんと1万5000店舗ものお店がひしめいているのです。
衣料品~日用品、食料品、ペットなどなど 扱う品もさまざま。
マーケット
私の狙いはランチョンマットやセラドン焼きなどのアジアンなキッチンウェア。
でも あまりにも広くて暑くて探して歩き回るのはムリ~。
クッションカバーやバッグなど小物をgetしてお買い物終了。

シンハービール
インテリアショップ併設のCafeでちょっと休憩。

場内の屋台で お兄さんのこーんなパフォーマンスに釘付け
チャイ
冷たくてあま~い紅茶(チャイ?)です。くるくる回りながら、
紅茶を滝のように落として受けるパフォーマンスのせいか泡がたっぷり。

再びBTSに乗ってファラムポーン駅→ハーバー・デパートメント船着場から
チャオプラヤー川を上っていきます。風が吹き抜けるデッキは気持ちいい~
河下り
オリエンタルホテルの船が目の前を。
ホテル~レストラン&スパは対岸にあるので、船で移動するんですよね。素敵

寺院
            船の上から見る暁の寺(ワット アルン)

ター・ティアン船着場で船を降りて 大寝釈迦仏のあるワット ポーへ。
涅槃像
おだやかなお顔です。足の裏の文様がスゴイ。
螺鈿細工という、細かく砕いて磨いた貝殻を嵌め込む技法によって、
仏教と深い関わりを持つバラモン教の宇宙観が108つの絵で
描かれているそうです。

        お釈迦さまの背中側へ回ると、廊下にずらりと並べられた鉢が↓
ワットポー
まわりの人を真似て硬貨を鉢に入れながら廊下を進んでみましたが、
実はこれ 108つの煩悩を捨てる鉢だったそうです。
硬貨を入れると鳴り響く音が神聖な感じ・・・と思ってたけれど、
もっと無心になればよかった。
そして ワット・ポーといえばタイマッサージの総本山。
寺院の中にある施設で本場のタイ古式マッサージをしてもらいました。
ふ~。歩きつかれた体に効きます

今日は チャオプラヤー川を眺めながらのDINNER
歩いていて 辿り着いた穴場のレストラン「ラチャナウィスモソーン」
(絶対 名前は覚えられない!しかも入口に案内もなく 超わかり難い)
ター・チャーン船着場近くのお店です。
対岸
           ライトアップされた暁の寺が遠くに見えます

予約なしでテラス席に・・・ラッキ~ とっても心地よいです。
gohan.jpg
(暗くて 写真が見にくいですが・・・)
バナナの葉で包んだ鶏、ソフトシェルクラブのガーリック炒め、パッタイ、
豚肉のレッドカレー炒め そして
この旅で私が1番感動した トムカーガイ(鶏のココナッツスープ)
ガイドブックに頼らなくても 素敵なお店に出会えて幸せ
でも、地元客がほとんどなせいか
黙っていると 氷を入れたグラスにビールを注ごうとするのよね・・・。
こっちの人って ビールに氷はお決まりなのかな

お店からの帰り、観光客が少ないせい?TAXIが なかなか捕まらない。
英語が理解不能なのか ことごとく乗車拒否されたあげく乗ったTAXIのお兄さん
まるでカーチェイスなみに飛ばす飛ばす あー無事でよかった

    噴水
        帰り道 王宮のそばで遭遇。 象の噴水 かわい~~

今日からバンコク

やって参りました! バンコクです。
今回はYちゃん&Bちゃんとの3人旅~
 はそれぞれ別便で バンコクのホテルで合流。
Stay先はYちゃんが手配してくれた Grand Sukhumvit by Sofitel
到着した頃は もうすでに夕方。
チェックインを済ませ 早速、街へと繰り出しました。

チャーンビール
この日のスケジュールは タイマッサージ→ご飯→ニューハーフショー。
・・・とマッサージの前に 街の喧騒を眺めつつ テラス席でチャーンビール
屋台で売ってるfoodも気になるなぁ~。
タイ古式マッサージをしたのは キング アンド アイ スパ&マッサージ
60分で300BT(約¥1,050)
エアライン系の方はIDを見せるとさらに割引がありますよ!

バンコク初日の夜ご飯は 
ジェーンゴー店
シーフード料理の JE NGOR ジェーゴー
このあとに行くマンボにも近いし、
蟹やシャコのガーリック&ブラックペッパー炒めが絶品らしいので・・・

ジェーンゴー
  ・ソムタム(青パパイヤのサラダ)      ・海老とひき肉の春巻き

                  ・空芯菜炒め
     ジェーンゴー空芯菜
  こちらでは 空芯菜を縦に割いているのが特徴。歯ごたえがシャキシャキです。
       
            ・シャコのガーリック&ブラックペッパー揚げ 
     ジェーンゴーシャコ
          蟹にするかシャコにするかで悩んだあげく・・・
   1つ1つのポーションが大きめなのでアレもコレもと頼めないのが悲し 
期待しすぎちゃってたのかな ジェーゴー お味はいたって普通な感じでした。

食事のあとは ニューハーフショーを見に マンボ・キャバレーショー
(チケットはH.I.Sバンコク支店で事前購入 340BT)
マンボ
最近はオカマさんを見慣れてしまってるせいか 口パクで踊るオカマさん達よりも
必死にバックダンサーを務める男の子達が気になってしまった私。
「彼らはなぜ この世界に~
いずれはオカマさんへと変貌してしまうのかしら・・・
とはいえ、やはりマンボの看板スター聖子ちゃんには 釘付け

    ↓聖子ちゃん マジ可愛い~
    マンボ2
                          ↑私のお気には サトエリ似の彼女

ショーが終わると出口付近で恒例の記念撮影
でもこれ もちろんタダではありません。オカマちゃん達にチップをあげないと・・・
そんな中で1番人気の聖子ちゃんは「チップは要らない」って。
看板スターのプライド?それとも破格なギャラをもらってるのかなぁ
サトエリちゃん、こんなに可愛くても中身はやはり男の子
「チップくださーい」のダミ声に 引いていくBちゃん 
そして 500BT札をチップに巻き上げられてるYちゃん
チップの相場は40BTだって・・・ Yちゃん ざんねーーーん